ユニット概要

心の先端研究ユニット
Unit for Advanced Study of Mind

心の先端研究ユニットイメージ平成22年12月、京都大学に「心の先端研究ユニット」が発足しました。本ユニットは、わが国における心の先端研究のための連携拠点 (WISH) 構築における中核です。心理学、認知科学、脳科学や社会科学の分野を超えた学際研究を行い、物理的・ 社会的環境との相互作用による心のはたらきを解明するための先端研究を推進します。それと並行して、心理学専門教育の充実をはかることで後進を育成しつつ、現代社会が抱える多様な心の問題の実践的な解決を図ります。

ユニット設立の経緯

本ユニットは、わが国における心の先端研究のための連携拠点 (WISH)構築における中核として、心理学、認知科学、脳科学や社会科学の分野を超えた学際研究を行い、物理的・社会的環境との相互作用による心のはたらきを解明するための先端研究を推進する。それと並行して、心理学専門教育の充実をはかることで後進を育成しつつ、現代社会が抱える多様な心の問題の実践的な解決を図る。すなわち研究と教育と社会貢献が一体となった心の先端研究とその実践である。 京都大学は、日本の心理学研究の中核を担ってきた。その例証として、ともに1957年に創刊された「心理学評論」(心理学評論刊行会 発行)と「Psychologia」(プシコロギア会発行)という和英の学術雑誌を創刊し半世紀以上も継続している。本ユニットを構成する関連部局は、「京都大学心理学教官連絡会(通称PSI)」として、すでに数十年間にわたって月例会合を開いてきた。その連携の証として『21世紀の心理学に向かって』(ナカニシヤ出版、2001年)を共同執筆した。また、京大で唯一の部局横断型の21COEを構成し、 さらにその後継のグローバルCOE拠点として、心理学・教育学の分野でほぼ10年間にわたり一体となって活動してきた。全学共通教育についても、「心理学」の講義をこのPSIが自主的に担っている。また関連部局の3研究所・研究センターは、共同利用・共同研究拠点および教育関係共同利用拠点に認定されている。そうしたこれまでの実績を踏まえ、さらに医学研究科など心の先端研究に必須の領域の協力も得て、本ユニットとして一体となった研究・教育・社会貢献の活動を通じて、「心(KOKORO)の先端研究と専門教育のための国際拠点」を確立する。

ユニット長挨拶

心の先端研究ユニット長 平田 聡心の先端研究ユニットは、文字通り心を先端的な手法で研究する研究者の集まりです。京都大学学際融合教育研究推進センターという上部組織の中に属する、「ユニット」というまとまりです。
ひとくちに「心」といっても、その中身は多義的で、抽象的です。「心」という言葉から想像されるその中身や捉え方は、人によって微妙に違うこともあるでしょう。心は目に見えないものですので、心とは何かと問われても、答えるのはなかなか難しいものです。それでいて、心なしに人間は成り立ちませんし、私たちの暮らしや幸せのなかで、心はとても大切な役割を果たします。そうした目に見えない心を多角的に研究し、そして心を研究する学生を育成するのがこのユニットの役割です。
心を研究する学問の代表として心理学がありますが、京都大学心理学部というような学部は京都大学にはありません。心に関わる研究をする教員や学生は、文学部や教育学部、総合人間学部、医学部など、異なる所属の異なる環境で日々の活動をおこなっています。京都大学心理学部のような外形がある組織がなく、建物もないことは、短所と言えるかもしれませんが、心の多様な側面を多様なままに色々な立場から研究できるという点で長所でもあります。心の先端研究ユニットはそうした短所を補い長所を活かす組織です。fMRIなど先端機器を使った脳科学的な研究から、ヒト以外の動物の心を調べる研究まで、いわゆる理系と文系の垣根を超えた研究者の集まりです。定期的に会合や研究会を開いて交流をはかっています。
心の先端研究ユニットは、広く開かれた組織です。ユニット構成員だけのイベントもありますが、誰でも参加できる公開の講演会や研究会なども主催・共催しています。このホームページを足がかりにして、多くの皆様に関心を持っていただけることを願っています。

心の先端研究ユニット長 平田 聡